中四国

【広島おみやげ】怪しいお菓子『ヒバゴンのたまご』って一体何?

怪しげな目がのぞき、赤い字でDANGERと書かれた箱。

こちらは『ヒバゴンのたまご』というおみやげです。

そもそもヒバゴンって何なのって思いませんか?

私もこれまで知りませんでした。

今回は、ヒバゴンって何?から、『ヒバゴンのたまご』の味・どこで売っているかについて書いていこうと思います。

ヒバゴンって何?ヒバゴンのたまごを開封!

それでは、いざ開封。

赤い字でDANGERって書かれているあたり、危険な生きものなんだろうなと想像。

ヒバゴンのたまご  箱包装

丸い目が覗いています。

ヒバゴンのたまご  ヒバゴンの目

包装紙を外すと…

ヒバゴンのたまご  箱 側面

「ヒバゴン」は未確認生物らしい。

ヒバゴンのたまご  箱 開封

開けると「ヒバゴン」は思っていたよりは人型というか、サルっぽい。
メス?の方がファンキーなピンク。笑

あと、ヒバゴン通信という新聞もついていました。
内容も紙質もちゃんと新聞っぽい。

「ヒバゴン」は1970年頃に広島県の比婆山連峰で目撃されたのだそうです。
しかし、はっきりとしたことはわからず未だに謎のまま。
比婆だから「ヒバゴン」?

ヒバゴンのたまご  個包装

よく見ると、「み・・みたな」と書いてあります。笑

ヒバゴンのたまご

ヒバゴンの卵は茶色でした。

危険だそうですけど、いただいてみます。

ヒバゴンのたまご 中身

半分に割ったところ。

中身がちゃんと卵してて、白身と黄身がついてる。

  • 殻の茶色い部分はココア味
  • 白身の部分は練乳入りの白あん
  • 黄身の部分はさつま芋(鳴門金時)入の黄味あん

と、3重構造になったお饅頭です。

お味は全然危険じゃなくて、むしろ美味しい。

2層のあんで味に深みが出ています。皮のココア味もすき。

 

ヒバゴンのたまごはどこで買えるの?

夫は『ヒバゴンのたまご』を広島駅で買ったと言っていましたが、公式サイトには書いていませんでした。
いつもある訳ではないのかもしれません。

確実に買うには、本店の菓子司処「大國堂」で。

【住所】
〒729-5731 広島県庄原市西城町西城103
【電話】
TEL:0824-82-2616
【営業時間】
月~金:8:00~17:00
【店休日】
土日・年末年始(祝日・お盆は営業)

また、楽天のショップからも購入可能です。

菓子司処「大國堂」・楽天市場店

 

さいごに

ご当地もの?でユニークで楽しめる工夫がいっぱいのおみやげでした。

新聞が入っていたりと凝っていますよね。お味も美味しかった。

新聞の内容は、『ヒバゴンのたまご』を買って読んでみてくださいね~。笑

それでは。

 

有限会社 大國堂 基本情報

住 所:〒729-5731 広島県庄原市西城町西城103
TEL:0824-82-2616

菓子司処 大國堂 公式サイト
広島県庄原市|もみじ饅頭・ヒバゴンのたまご・生大福|菓子司処「大國堂」