aiko

【初参戦】aikoLLPライブ楽しみ方まとめ【ぼっちでも大丈夫】

aiko LLPライブ楽しみ方まとめ

こんにちは、ナカノです。

このページを開いたということは、aikoライブに行かれる方ですか?

初めてのライブで緊張しますよね。

どうしたらいいのかわからないこともあるかと思います。

私もぼっちで迎えた初ライブはとても緊張したんですよね…。

今回は、初ライブの方やぼっちの方に向けて、aikoLLPライブを楽しみ方まとめをお届けします。

ライブ前の準備

服装

Tシャツ、Gパン、スニーカーの動きやすい恰好で。

ツアーTシャツやタオルで気持ちも上がります。

aikoっぽい恰好をした女子もいます。

女子は後ろの人が見えにくくならない髪型で。

でっかいお団子とか、盛髪、ボリュームのあるヘアアクセ等々やめた方がよいです。

持ち物リスト

  • チケット
  • タオル
  • 飲み物
  • 筆記用具(アンケート用)
  • 双眼鏡(遠い席でaikoが見たかったら)

ライブ前に気持ちを高める

お家で新作アルバム聴いたり、ライブDVDを観たり。

『まとめ1』、『まとめ2』がライブっぽい構成になってるのでおすすめ。

直前もウォークマンで聞いて気持ちを盛り上げよう~。

ライブ当日

グッズ販売

だいたい13時から14時ごろ。

会場によって並ぶ、並ばないときもある。
本当に会場によりけり。

開演前と終演後は空いてます

開場

会場内に入れます。
Love Like Popは座席指定で、荷物も座席に置いておけます。
開演時間までに入ればOK!

開演

だいたい開演時間くらいからaikoコールが始まります。
そして、aikoライブは若干開始が遅れます。10~15分くらい。

暗転したらライブスタートです!
思いっきり楽しんでくださいね~。

乾杯

何曲か歌ったらaikoがドリンクを飲むので、その時に飲み物持っていると一緒に乾杯できます。

コール&レスポンス

「男子!」「女子!」「そうでない人!」「全員!」「めがね!」「コンタクト!」「裸眼!」「レーシック!」等々aikoが叫んでくれるので、自分があてはまるときに両手をあげて「イエーイ!」と叫びます。

会場全員を巻き込んでのコール&レスポンスです。

本当に全員。笑

どうしたらいいかわからないときはaikoやバンドメンバーの真似をしておけばよいです。
でも、間違っても大丈夫~。
みんな、本当にaikoしか見てないから。

即興弾き語りコーナー

aikoが皆から単語を聞いてくれて、そのワードを盛り込みつつ即興で弾き語りをしてくれます。
とりあえず手を挙げて、当たったら何でも叫んでみましょう。
そんなの無理!な人はまったり楽しみましょう。
全然繋がりがないような言葉もaikoにかかればすっごい即興ソングになります。

バンド紹介

最後の方でバンドメンバーの紹介があります。
名前を紹介するだけじゃなくて、aikoがメンバーにお題を出して、それにあった曲を演奏してくれます。

そして、

  • 演奏が良ければ両手でマル
  • ダメだったら両手でバツ
  • 何の曲かわからないときは両手でバツを作って「エックス」と言ってジャンプ

します。

aikoから説明もあるので安心してください。
全員が終わったら、aikoが「そしてボーカルはー?」と言うので「aiko!」と叫びましょう。

アンコール

aikoがバックに帰っていったら、aikoコールをします。
たまに、みんなの熱量がすごいとダブル、トリプルアンコールとかあります。

ライブ後

終演

だいたい3時間弱くらい。
aikoのライブはちょっと長めなので、電車等余裕を見ておいた方が良いです。
ギリギリになる場合は宿泊した方が良いかもしれません。

アンケート

aikoも読んでるアンケート。
公演後にアンケートボックスへ。もし当日出せなくてもファンクラブへ送ればOK!

セットリスト

公演後にホワイトボードに張り出されます。
わからない曲はここでチェック。
入っているCDもわかります。私は自分で音楽プレイヤーにそれ通りに入れて余韻ライブを楽しみます。

 

ライブのマナー

声かけ

適度に空気を読んでしましょう

「今日誕生日!」とか「今度結婚する!」とか…よくありますが、やめときましょう。
aikoは優しいから答えてくれるのですが、声かけした人の周りはいつも変な空気になっております。

あと、バラード前に叫んだり…台無しです。

歌う

みんなはaikoの歌を聴きにきています
他の人の歌を聴きたいんじゃないんです…。
aikoから「歌ってー」とかマイクを向けられたらそこは歌いましょう。

携帯

開演前に携帯は電源を切っておく。
ライブ中の撮影はNGです。
ペンライト等の光るものも禁止です。

神経質にならなくても大丈夫です。
会場にいる人みんなが楽しめるようにしましょうよ~ってことです。
 

まとめ

aikoのライブは初めての人、ぼっちの人、何回も行っている人も楽しめます。
私も行けなくて間があいても、aikoが変わらずいてくれるので安心感があるんですよね。

あと、うまくノレなくても大丈夫です。
私も手拍子段々ズレてく…。笑
aikoが「ライブの恥はかき捨て」と言っていますのでいいんです。

近い席だともちろんテンション上がりますが、aikoのライブはどこでも楽しめます。
aikoは一人一人の顔を見て、目線を合わそうとしてくれます。
その表情が優しいんですよね。

aikoは「今日のライブをつくるには、みんな一人一人の力が必要です」と言います。
その日、その時間その場所は2度とないです。
aikoはそのとき会場にいる全ての人に同じように届けようとしてくれるんです。

全員が楽しめるように。

多くの人があー面白かったなって思えるようなライブになりますように。楽しんできてくださいね!

こちらもどうぞ
aiko Newアルバム『湿った夏の始まり』全曲感想