カカフカカ

カカフカカ7巻 石田拓実【ネタバレ感想】デレ長谷観察日記

カカフカカ7巻 石田拓実【ネタバレ感想】デレ長谷観察日記

ついにきた!『カカフカカ』最強の長谷巻。

7巻のはじまりはこんな感じ。

「つきあったほうがいいなら」からはじまった本行とのビミョ~なお付き合い。

亜紀、始めからもやもやしっぱなし。

そんな亜紀に長谷さんは飲みのお誘いを-

7巻はかなり長谷さん出ずっぱり!

今回も、長谷さん観察日記的な感想になっております。

  • 長谷さん、隙を狙う
  • 長谷さん、デレる
  • 長谷さんの作戦
  • 長谷さん、シェアハウス解散宣言

…という感じで長谷さんについてわーわー言うスタイルでお届け!

※ネタバレ有りの感想なのでご注意を~。

 

1、2、3巻については下からどうぞ~

カカフカカ1/2/3巻 石田拓実【ネタバレ感想】「ちょうどいい」は誰でもいい訳じゃない
カカフカカ1/2/3巻 石田拓実【ネタバレ感想】「ちょうどいい」は誰でもいい訳じゃない『カカフカカ』1、2、3巻のあらすじ、ネタバレ有感想です。特に2、3巻の長谷さんの「ちょうどいい」話について書いています。...

前の6巻についてはこちらから~

カカフカカ6巻 石田拓実【ネタバレ感想】不憫な長谷さん観察日記
カカフカカ6巻 石田拓実【ネタバレ感想】不憫な長谷さん観察日記『カカフカカ』が楽しい~。 6巻のざっくりとした内容はこんな感じ。 亜紀、動揺して弱った長谷さんの頭を触ろうとすると、そ...

 

カカフカカ 7巻 ネタバレ感想|デレ長谷観察日記

長谷さん、隙を狙う

本行と付き合うことになった亜紀。

それなのに、以前より本行の態度がそっけない感じがして悶々としてしまいます。

 

亜紀と本行が付き合い始めたことを知っていた長谷さん。

辛そうにしている亜紀を見かねて食事に誘います。(あかりさんも後から来る予定

 

そして、亜紀は長谷さんに相談。

ぶっちゃけすぎて謝る亜紀に、長谷さんは悩み相談にのるうちにくっつく的なのを狙ってると言います。(長谷さん、ハイボールで酔ってました。笑

その後あかりさんから今日は来れないとの連絡がありお開きに。

 

帰り道お礼を言う亜紀に長谷さんが…

【長谷】
そういえば 言い忘れてた …てゆーか
ちゃんと 言ってなかったけど
俺 寺田さんのことが 好きだから

そして、本当に結婚してほしいと思っていることを伝え…

【長谷】
…………ダメだわ 俺
寺田さんといると
すごい キモくなる

そんな長谷さんも、亜紀は嫌いじゃないそうです。笑

酔っぱらいの長谷さん、ふらついたところを亜紀に支えてもらい絶妙な距離に。

 

長谷さんと亜紀、キス。

お互いちょっとびっくり。

でも、いい感じになったところで、「まだ本行とつきあっているから」と亜紀のストップ。

途中でストップになりましたが、「まだ」という言葉を聞いて長谷さんにんまり。ご機嫌に。

 

翌日、亜紀と本行鉢合わせ。

亜紀は本行に付き合ってから素っ気なくないかと尋ねます。

本行は目をそらしてつれない態度…もう無理だと思い、本行に別れを切りだすと、あっさり承諾。(でも、顔はしょんぼり。

亜紀は動揺しますが、やっぱり逃げることを決意。

 

亜紀と本行が別れたことを知った長谷さん。

【長谷】
そっか じゃあ

俺ら もうつきあってるって
ことでいいんだよね?

亜紀もさすがに驚きます。

「それが狙い」だからという長谷さん。

亜紀は笑って付き合うことに。

=====

はい、来たー!

キモい長谷さん、私も好きです。笑

長谷さんは亜紀のこと好きなのが伝わってくるー。

このデレた長谷さんをぜひ見てほしい。笑

ストレートに言うなあと思っていたら、序盤でハイボールで酔っているのも可愛い。

 

亜紀もはっきり言われて、長谷さんが気になっていて。

本行は好きだけど、宙ぶらりんで悶々としていて。

亜紀は、自尊心を満たしてくれたらいいのかなあという感じ。

シェアハウスの4人の中でも1番自分好きだよなと思ったり。

亜紀は言葉や態度に出してもらった方が安心するんだったら、長谷さんにした方がいい。

もう、これ何回も書いてるような気がするけども。

ふらふらするなら、もういいじゃない。長谷さんでいいじゃないの!

 

…と思ったらほんとにすぐ付き合うことにー!

長谷さん良いよーとは思うけれど、そんなに早く切り替えていいの?

長谷さんのこと大事にしてあげてね。頼むよ。長谷さんはガチよ。

 

長谷さん、デレる

シェアハウスに入るきっかけになったのりちゃん登場。

今回の一連の話をすると、引かれたり、心配されたり。

そして、のりちゃんのお言葉。

  • 好きよりしんどいが勝ったら逃げていい
  • 確実に逃げ切るためには、先に逃げ道を確保
  • この世で自分が何よりも好きでかわいくて大事。だから自分を一番大事に思ってくれる人といることにした

亜紀、話を聞いて納得のようす。

家に帰ると、長谷さんがいました。

亜紀がのりちゃんに報告してくれたことを知った長谷さん、デレます。

それから亜紀は、複雑な気持ちはあるものの、だんだんとこれでよかったのだと思うようになっていきます。

=====

ここまでスッパリ言ってくれると気持ちいい。最強。

そして、数ページにわたり、デレ長谷の連続です。

激甘。1巻から見るとアナタそんな人でしたっけ?って思う。

いや、でもいいんです。デレ長谷さんが幸せならもうそれで良いです。

本行のあとに、ここまでわかりやすく顔に出されたらしみるだろうな亜紀。笑

 

長谷さんの作戦

リビングにて。

長谷さんが本行に亜紀と付き合っていることを報告します。

本行驚き、長谷さんにやり。

【本行】
約束が ちがう

色々言いたそうな本行でしたが、長谷さんにはもう約束はなしで、亜紀にも近寄らないよう念押し。

約束とは、全て長谷さんの作戦でした。

長谷さんと本行がした約束は、

  • 仕事をし終わるまでは亜紀に近寄らないという約束
  • 仕事ができたら亜紀のことも一緒に住むことも了承
  • 約束を亜紀に話したら約束は無し

…という内容でした。

 

以前、本行は、

  • 亜紀と添い寝したい
  • ハセと一緒に住みたい

と、言っており、約束を了承。

 

長谷さんは、

  • 本行の真面目なところを利用
  • 仕事中、亜紀が放っておかれる
  • 不安になっているところに自分がつけこむ

という考えでした。

 

本行との話後、自室で考える長谷さん。

この件が亜紀にばれたらどう思われるか気にしますが、本行に亜紀のことは無理だろうと考えます。

【長谷】
――初めて 本気で欲しいと思って
やっと ちゃんと 手に入れたもの
嬉しくて むずがゆくて 楽しくて しあわせで
そして そして………

=====

約束って何?!って思ったのですが、裏でこんなことが起こっていたんですねー…。

いやーあかりさんがちらっと言っていた通り、良い人ではないかも。黒いな。笑

やり方はよろしくないけれど、でも、嫌いじゃない。むしろすき。笑

それに、今まで人を好きになったことがなかったのに、すごく幸せそうじゃないですかー…。

本行がもう少し言葉や態度に出してくれたら違う考えになるかもしれないけど、やっぱり、デレ長谷さんを推したい。

 

長谷さん、シェアハウス解散宣言

亜紀から長谷さんとのことが本当だと知った本行。

珍しく「いやだ」「俺のこと好きって…言った」と思っていることを口にします。

 

亜紀、動揺しますが、きっぱり断ります。

しかし、あっさり引き下がる本行にはちょっとがっかり。

 

その後、長谷さんが亜紀をたずねます。

先程の亜紀と本行の様子が気になったようです。

本行が約束のことを、亜紀に言っていなかったようで長谷さんはほっとします。

 

亜紀は長谷さんとは、スキンシップが多いけれど決定的なことがないなと思ったようで。

決定打があればもっと長谷さんのことを好きになれるのではと考え、やんわり旅行にでも行かないかと伝えました。

すると、

【長谷】
てゆーか まあ
前の彼氏と今の彼氏
両方と一緒に住んでる時点で ふつーじゃないよね

【長谷】
いい機会だし
解散しようか シェアハウス

=====

解散するの?!思ったより上を行ったので亜紀もびっくり、私もびっくり。

長谷さん、どんどん外堀埋めていく感じですねー。のりちゃんとか、家とか。

確かに、亜紀は本行の姿を見なくなれば長谷さんに気持ちがいく気がする。

あと「お、ちゃんと言うのか本行さん」と思ったのですが…やっぱり本行でしたね。笑

石田拓実『カカフカカ』7巻 講談社 KC KISS より

 

おわりに

7巻色々とぶっとびすぎで、次どうなるか気になります~。

でもでも、黒い長谷さんもデレ長谷さんも良き。

ほんと長谷さんに甘くてすいません。笑

あと、最強なのは のりちゃんですね。

自分大好きでも、あれだけ言えたら見ていて気持ちがいい…!

 

つづきの8巻についてはこちらからどうぞ↓

カカフカカ8巻 石田拓実【ネタバレ感想】長谷さん、心が満たされちゃった
カカフカカ8巻 石田拓実【ネタバレ感想】長谷さん、心が満たされちゃったこんにちは、ナカノです。 『カカフカカ』8巻、今回も長谷さんにわーわー言う仕様でお送りします。笑 長谷さん出ずっぱりなのでボ...

 

スマホで読むならこちらがおすすめ。無料ためし読みもできます。↓

eBookJapan(イーブックジャパン)公式サイトへ

 

今回はこの辺で~。